C++競プロ学習日記(仮)

( 学習記録であり解説Blogではないです )

C++

std::tuple の使い方|C++

std::tuple の使い方を覚えたのでメモします。std::tuple とは? std::pair が 2 つの型の値を保持出来るのに対し、std::tuple は N 個の型の値を保持する事ができる。*1 宣言・要素格納: //宣言 vector<tuple<int, string, bool>> vc; for( int i = 0; i < 3; ++i ) { string a; boo</tuple<int,>…

std::unique|続・重複要素チェック|C++

std::unique *1 の挙動にハマったので覚え書き📝 #include <bits/stdc++.h> using namespace std; bool check( vector<int> A ){ sort( begin( A ), end( A ) ); return unique( begin( A ), end( A ) ) == end( A ); } int main() { vector<int> vc1{ 1,1,1,2,3,3,3,1,1,1 }; vector<int> vc</int></int></int></bits/stdc++.h>…

重複要素チェック|C++

std::vectorに代入された要素が全て同じ値か否かをチェックするコードを、 自分の参照用に記事として残します。 std::set は重複するデータの保持を許さないコンテナ *1 なので、 重複チェックの意味合い的にも適している、( 0 )と( 3 )を使っていこうと思い…