C++競プロ学習日記(仮)

( 学習記録であり解説Blogではないです )

C++でFizz Buzz

Blogを始めた時に何を書いたら良いのか解らず右往左往していたら、
カフカさんにFizz BuzzをC++で実装して晒してみる!って言われて、
そう言えばちゃんとしたFizz Buzz書いた事ない!って思って書いてみました。

#include<iostream>
#include <string>
using namespace std;
int main(){
    int i=1;
    while(i < 100){
        cout << ( (i%15==0) ? "Fizz Bizz" :
                  (i%3==0) ? "Fizz" :
                  (i%5==0) ? "Buzz" :
                  to_string(i) ) << endl;
        i++;
    }    
    return 0;
}

始めif文で書いていたのですが...これ三項演算子でイケるのでは?と思いなおして
書き直したのですが...C++三項演算子は同じ型しか返せないらしいという事態に直面!
キャスト?とかもやってみたのですが上手く行かず...思案していたら、
みすずさんとYSRさんにC++には「to_string」という便利な関数があるよ!って教えて頂き、
早速使い方をggって実装してみたらアッサリそして綺麗に解決しました!!!
便利さに感激!!

で、今回Blogに書くにあたってその時のTweetを検索していたのですが...
約2ヶ月半くらい前にをるふちゃんに既に1回 to_string を教わっていた事が判明(汗)
をるふちゃんには↓

to_string(数字→文字列)
stoi(文字列→整数)

をSETで教わっていました。(SETなあたりさすがだ)
当時はまだCで問題を解いていて、C++はこんなに便利だよ〜っていう事を教わっていたぽい。
まさか自分がC++で使う事になるとは!!!

あと、最後になりますが...Fizz Buzzのコード間違ってたらご指摘頂けると助かります!

広告を非表示にする