C++競プロ学習日記(仮)

( 学習記録であり解説Blogではないです )

std::tuple|C++

C++

std::tuple の使い方を覚えたのでメモします。std::tuple とは? std::pair が 2 つの型の値を保持出来るのに対し、std::tuple は N 個の型の値を保持する事ができる。*1 宣言・要素格納: //宣言 vector<tuple<int, string, bool>> vc; for( int i = 0; i < 3; ++i ) { string a; boo</tuple<int,>…

ABC072 - C Together|AtCoder

C: Together - AtCoder Beginner Contest 072 | AtCoder を解きました。 題意: 長さ の整数列 が与えられます。 に対し、1 足すか、1 引くか、何もしない、の 3 つの操作が選べるので、ある整数 を選んだ時、 となる の個数の最大値を出力する。 は整数 考…

X-codeで競プロテンプレートを読み込む設定

この記事は macOS Sierra バージョン 10.12.6, X-code Version 8.3.3 での設定方法です。X-code で競プロのテンプレートを読み込む設定に苦労したので自分用にメモ。 結論からいうと簡単にできた。 はじめに 設定の前に確認。 X-code Project は Mac OS の C…

MacVim で競プロテンプレートを読み込む設定

ターミナルから MacVim で新規ファイルを開く時、競プロのテンプレートが書かれたファイルを読み込む設定をしたのでメモ。 1. テンプレート準備 表示させたい競プロのテンプレートのみを書いて、任意の名前を付け、拡張子を .cpp にしてどこかに一旦保存して…

No.52 よくある文字列の問題|yukicoder|深さ優先探索(DFS)

No.52 よくある文字列の問題 - yukicoder を解きました。 題意: 文字列 が与えられる。 の先頭または末尾から 1 文字取り、順に繋げて新たな文字列を作る。 先頭または末尾から 1 文字取った は、また新たな となり文字が無くなるまでこの操作を繰り返す。 …

English Sentence|AOJ| Volume0-0029

単語の出現頻度 | Aizu Online Judge を解きました。 題意: ・英文が与えられるので、「出現頻度が最も高い単語」と、「文字数が最も多い単語」を出力する。 ・与えられる英文は半角英文字で、半角スペースを含む。 ・文章の文字数は1000文字以下 ・一つの単語の…

ABC062 A - Grouping|AtCoder

A: Grouping - AtCoder Beginner Contest 062 | AtCoder を解きました。 A 問題ですが、学びがあったのでメモ。 題意: ・1 から 12 までの整数が下記のようにグループ分けされています。 1, 3, 5, 7, 8, 10, 12 4, 6, 9, 11 2 ・整数 が与えられるので、 が…

std::equal_to|C++|STL

STL

std::equal_to の覚書C++日本語リファレンスによると下記の通り↓ メンバ変数を持たず、状態を保持しないとのこと。 equal_toクラスは、等値比較を行う関数オブジェクトである。*1 equal_to()( left, right ); で、指定した型による left == right の比較が行…

std::function|C++|STL

std::function(C++11) の覚書C++日本語リファレンスによると下記の通り↓ functionクラステンプレートは、パラメータの型リストArgTypes...、戻り値の型Rに合致する、あらゆる関数ポインタ、関数オブジェクト、メンバ関数ポインタ、メンバ変数ポインタを保持…

No.7 プライムナンバーゲーム|yukicoder|メモ化再帰

No.7 プライムナンバーゲーム - yukicoder を 1ヶ月半 かけて解きました。 (何故 1ヶ月かかったのかは後述) 題意: ・はじめに先攻プレイヤーに自然数 N が与えられます。 ・N以下の素数のどれかで減算し相手に渡す、を先攻・後攻で交互に繰り返し、 N が 0 …

No.476 正しくない平均|yukicoder

No.476 正しくない平均 - yukicoder を解きました。 std::accumulateの戻り値の型 にはまったのでメモ。 #include <bits/stdc++.h> using namespace std; struct cww{cww(){ios::sync_with_stdio(false);cin.tie(0);}}star; int main() { int N; long long A; cin >> N >> A</bits/stdc++.h>…

ABC045 - B 3人でカードゲームイージー|AtCoder

B: 3人でカードゲームイージー / Card Game for Three (ABC Edit) - AtCoder Beginner Contest 045 | AtCoder を解きました。題意: ・Aさん、Bさん、Cさんの3人でするカードゲーム。 ・Aさんのターンからゲームは始まり、各自持っているカードに書かれてい…

KUPC2013 A - 旧総合研究7号館|AtCoder

A: 旧総合研究7号館 - 京都大学プログラミングコンテスト2013 | AtCoderを解きました。題意: ・N個の改名後の校舎名と改名年度と、資料が作成された年度Qが与えられるので、 Q年度の校舎の名前を出力する。 ・平成元年度の校舎名は "kogakubu10gokan" ・1 …

C++で多倍長整数!

C++で多倍長整数が使える事をコンテスト中に知ったのでメモ。 でも標準ライブラリではなく、boost (オープンソースライブラリ) を使う様です。参考)Chapter 1. Boost.Multiprecision - 1.53.0 参考)多倍長整数 - boostjpcpp_int はメモリが許す限り無限の…

WUPC2012 A - 招待状|AtCoder

A: 招待状 - WUPC 2012 | AtCoderを解きました。 #include <bits/stdc++.h> using namespace std; struct cww{cww(){ios::sync_with_stdio(false);cin.tie(0);}}star; int main() { vector<int> M{ 0, 31, 29, 31, 30, 31, 30, 31, 31, 30, 31, 30, 31 }; int MM1, DD1, MM2, DD2</int></bits/stdc++.h>…

2016年 進捗大反省会

今年の振り返りをカテゴリ別に書き残そうと思います。 C++ について: C++ を勉強し始めて、1年が経ちました。 春頃に range-based for *1 を覚えてから何故か劇的に C++力 が伸びました。 一気に vector, map, set などのコンテナを使える様になって出来る…

SRM 602 Div2 Level-1 250:TypoCoderDiv2

SRM 602 div2 250:TypoCoderDiv2 を解きました。題意: TypoCoderには2種類の Rating がある。 Brown ➡︎ 1200以上 Ciel ➡︎ 1200以下 ただし新しい参加者は Rating 500 スタート。 N回分のコンテスト参加後の Rating が与えられるので何回色が変わったかを出…

C++で素数列挙!エラトステネスの篩 編

C++で素数列挙!O( N√N )編 を書きましたが、 今度はもっと高速な エラトステネスの篩(ふるい)編 *1 を書いたのでコードを残します。 #include <bits/stdc++.h> using namespace std; struct cww{cww(){ios::sync_with_stdio(false);cin.tie(0);}}star; int N; //エラトステ</bits/stdc++.h>…

C++で素数列挙!O( N √N )編

以前、C++で素数判定!を書いたのですが、 今回は C++で素数列挙!O( N √N ) のコードを書いたのでメモとして残します。 #include <bits/stdc++.h> using namespace std; struct cww{cww(){ios::sync_with_stdio(false);cin.tie(0);}}star; int N; vector<int> P; void prime( co</int></bits/stdc++.h>…

Sum of Integers|AOJ|深さ優先探索(DFS)

深さ優先探索(DFS)を勉強中で、DFSを使って解ける優しめ問題という事で、 整数の和 | Aizu Online Judge を解きました。<題意> 0 〜 9 の数字から異なる数をN個取り出して、和がSとなる組み合わせが何個あるか出力する #include <bits/stdc++.h> using namespace std; str</bits/stdc++.h>…

ICPCOOC 2016 - A Rearranging a Sequence|AOJ

ICPCOOC2016 - A Rearranging a Sequence を解きました。<題意> ・N個の整数の中から、M個の整数を移動(TOPに積む)する。 ・移動する整数M個は e[ i ] で与えられる。 ・移動後の並びを出力する。 #include <bits/stdc++.h> using namespace std; #define REP(i,n) for(in</bits/stdc++.h>…

cpp macro template - 2 -

型で事故り、マクロtemplateを修正したのでメモ。 out #define SORT(x) sort((x).begin(),(x).end(),greater<int>()) out #define SORTP(x) sort((x).begin(),(x).end(),greater<pair<int,int>>()); in #define SORTR(x) {sort(begin(x),end(x));reverse(begin(x),end(x));}</pair<int,int></int>

TopCoder 提出編

過去問を解きました。 ...が、問題を解いた時間 < 提出にかかった時間 となったので記録に残します。まず、任意の過去問に移動して解く問題をselectするとGreedによって提出用ファイルがローカルに勝手に生成されます↓ ※要 Java applet の option で defaul…

std::unique|続・重複要素チェック

std::unique *1 の挙動にハマったので覚え書き📝 #include <bits/stdc++.h> using namespace std; bool check( vector<int> A ){ sort( begin( A ), end( A ) ); return unique( begin( A ), end( A ) ) == end( A ); } int main() { vector<int> vc1{ 1,1,1,2,3,3,3,1,1,1 }; vector<int> vc</int></int></int></bits/stdc++.h>…

TopCoder 導入編

TopCoder 始めました。TopCoder、導入が凄く大変と聞いていたのでずっと敬遠していましたが、 過去問が良いと聞いたのでついに登録してみました。アカウントは容易に取得出来たのですが、 その後、DLした Java Applet を起動するにあたり、Mac環境でのセキュ…

重複要素チェック

std::vectorに代入された要素が全て同じ値か否かをチェックするコードを、 自分の参照用に記事として残します。 std::set は重複するデータの保持を許さないコンテナ *1 なので、 重複チェックの意味合い的にも適している、( 0 )と( 3 )を使っていこうと思い…

Life, the Universe, and Everything|Codeshef|beginner

CodeChef デビューしましたっ!(登録しただけ) まずは Life, the Universe, and Everything (beginnerのtest用問題?)を提出して色々確認。 #include <bits/stdc++.h> using namespace std; struct cww{cww(){ios::sync_with_stdio(false);cin.tie(0);}}star; int main() { </bits/stdc++.h>…

No.218 経験値1.5倍|yukicoder

No.218 経験値1.5倍 - yukicoderを解きました。 #include <bits/stdc++.h> using namespace std; struct cww{cww(){ios::sync_with_stdio(false);cin.tie(0);}}star; int main() { int A, B, C; cin >> A >> B >> C; cout << ( ( A + B - 1 ) / B * 2 / 3 < ( A + C - 1 ) /</bits/stdc++.h>…

No.22 括弧の対応|yukicoder|stack

No.22 括弧の対応 - yukicoder を解きました。括弧の対応、括弧列の問題は典型的な問題らしく、stack で解くと良いと教えて頂きました。 #include <bits/stdc++.h> #define REP(i,n) for(int i=0; i<(n); i++) using namespace std; struct cww{cww(){ios::sync_with_stdio(</bits/stdc++.h>…

Round#91 A. Lucky Division|Codeforces

Problem - 122A - Codeforcesを解きました。 #include <bits/stdc++.h> #define REP(i,n) for(int i=0; i<(n); i++) using namespace std; struct cww{cww(){ios::sync_with_stdio(false);cin.tie(0);}}star; bool check( int N ){ string S = to_string( N ); REP( i, (int</bits/stdc++.h>…